あなたはこれらの問題を抱えていますか?

    あなたはこれらの問題を抱えていますか?

  • 意図的なデータ漏洩

    従業員はUSB転送またはその他の手段を介して、企業のデバイス上のデータを個人のデバイスにコピーまたは共有します。

  • デバイスの紛失・盗難

    会社のデバイスを紛失したり盗まれたりした場合、デバイス内のすべての機密データを完全に消去することが必要です。

  • 経営資源の不正使用

    娯楽用のアプリをインストールするなど、従業員が会社のデバイスを業務以外の目的で使用することは、生産性の低下につながります。

企業データを保護するための多様なデバイスセキュリティポリシー

  • 強化されたセキュリティ認証

  • OSアップデートの制御

  • デバイスセキュリティ制限

  • アプリデータ損失防止ポリシー(DLP)

    ユーザーがUSBファイル転送や外部USBデバイスを使って会社のデバイスから個人のデバイスへデータや文書を共有するのを制限することで、企業データを保護できます。デバイス紛失時には、特定のアプリデータの削除などのリモート操作を実行できます。

アプリデータ損失防止ポリシー(DLP)
主な機能

主な機能

  • ロック画面パスワード設定

    権限のないユーザーが組織のデバイスを使用できないように、複数のロック画面パスワードルールを使ってデバイスへのアクセスを制限できます。

  • アプリのブロックリスト

    ブロックリストにアプリを追加することで、ブラックリストに登録されたアプリがデバイスで実行されるのを防ぐことができます。

  • デバイスの制限

    工場出荷時設定の復元、USBファイル転送、ネットワーク共有などのシステム機能の使用を、デバイスの種類ごとの利用シーンに合わせて制限することができます。

  • 専用動作環境を設定できます

    Wi-Fi、言語、タイムゾーン、APNなどを設定して、自分が構築した特定の環境でデバイスを動作させることができます。

様々な業界で、セキュリティポリシーが企業データを保護しています

AirDroid Businessのセキュリティポリシーは、ビジネスニーズに合わせてカスタマイズできます。これによって、組織はデバイス効率を高めつつ企業データを保護できます。

現在のMDMポリシーで企業データを今すぐ保護・安全化